知っておきたい ピアノ教室の選び方のポイント!

ピアノを習おうと思った時に、独学でなんとか頑張ろうと思う人よりも
ピアノ教室に通おうと考える人が多いと思います。

世間にはピアノ教室が沢山あり、教室によって教え方は様々ですが、
初心者さんがピアノ教室選ぶときに押さえておきたい、
ピアノ教室選び方のポイントがあります。


2歳、3歳くらいの幼少のころにピアノを習わせたい場合は、
大手楽器メーカーの子供向け音楽教室に通わせて、まずはお友達と
グループでピアノに触れたり音楽を楽しむところから始めてみましょう。


しかしながら、大人になってからピアノを始める場合には子供が始める場合とは違い、
ピアノ教室選び方を慎重にしたいですね。

では、大人の初心者さんのピアノ教室選び方をご紹介してみます。

まずはピアノ教室を探しましょう。

まずはピアノ教室を探すわけですが、ピアノ教室を探すには様々な方法があります。

1.インターネットで自宅付近の地域のピアノ教室を検索する方法。

2.インターネットの地域の情報サイトなどの掲示板で探す方法。

3.近所に個人でやっているピアノ教室があるかどうか探す方法。

4.近所の子どもにピアノを習わせている親に、どこで習っているのかを聞く方法。


などなど、さっと上記に挙げただけでも色々な方法があります。


沢山存在するピアノ教室の中で、数か所目星をつけてみて、出来れば一度実際に
それらのピアノ教室に出向いて、レッスン風景を見学させてもらったり、
体験レッスンができでればしてみましょう。

または先生に一度会ってみるだけでも良いとおもいます。


ピアノ教室を調べて数か所に絞ったら、必ず実際に一度
そのピアノ教室に行ってみてから選ぶという選び方をお勧めします。

実際に行ってみて見極めが大事なことは、先生との相性はどうかという事だと思います。


先生にお会いしてみて、この先生に教わりたいと思えないような先生だと、
毎週レッスンに通うことすら億劫になってしまいますからね。

できるだけたくさんの教室で体験レッスンを受けてみて、
一番感触の良さそうな先生とピアノ教室を選びましょう。

グループレッスンと個人レッスンどちらがよいか?

ピアノ教室選び方でまず迷う点は、初心者だから初めはグループレッスンでよいのか、
または初めから個人レッスンのピアノ教室にすべきかを、
レッスン料金のことも考えると悩んでしまうところですよね。


大人になってからピアノを習うのであれば、一人一人に合わせて
じっくりレッスンをしてもらえる個人レッスンで、じっくり基礎から学ぶことをお勧めします。

複数でのクループレッスンのピアノ教室は、色々な人との出会いはありますが、
どうしてもグループレッスンのピアノ教室だと、不得意な箇所をそのままで
レッスンが進んでしまいがちで、初心者の基礎固めのもっとも大事な時期に
基礎がなかなか身に付きにくくなる恐れがあるからです。


グループレッスン、個人レッスンそれぞれの選び方は個人の好みでもあるので、
次の各レッスン形体のメリット・デメリットを参考にしてみてください。


●個人レッスンのメリット
グランドピアノを弾かせてもらえる場合が多い、
一人一人に合わせた進度でレッスンができる、質問がしやすい、
苦手な箇所・出来ない箇所は出来るようになるまで先生の目が光っているので上達するなど。

●個人レッスンデメリット
レッスン料が高い、毎回のレッスンでさぼったらばれるので緊張感があるなど


●グループレッスンのメリット
レッスン料が安い、ピアノ友達ができる、複数で弾くアンサンブルのレッスンができるなど。

●グループレッスンのデメリット
電子ピアノでレッスンが行われる場合が多い、一人一人に細かいところまで指導してもらえない、
レッスンを休むと遅れてしまいつていけなくなるなど。

どんな先生に習ったらよいか?

どんな先生に習うかという問題は、ピアノ教室選び方で大事なことです。''

ピアノの先生での色々な先生がいて、音大出身の人もいれば、
全く音大出身でもなんでもないがピアノが得意だから教えている先生や、
ヤマハのピアノ指導者の資格を持っている先生など様々です。


ピアノの先生には特に資格や免許は必要ではないので、色々な先生がいるのですが、
どのような先生でもその良し悪しは初心者さんには見極めが難しいところです。

参考までに書いておくと、なんでもどんなジャンルでもオールマイティーに
優れていると思える先生は、音大出身の先生なのではないかと思います。


ピアノ教室選び方は様々ですが、上記のポイントを押さえて

慎重にピアノ教室を選びましょう。