大人のピアノ教室の選び方

楽器は幼少のころからやらなければ遅いなんてことは全くありません。

もちろんピアノだって、大人になってから始める人も多く、社会人になってから始めたのに
上達してピアノ演奏のグレードを取得し、ピアノ教室で先生をしている人もいます。


ピアノを小さい頃から習う理由は、絶対音感を身につけることができる年齢が
3歳から6歳くらいまでされていることもあるようですが、大人になってからでも
ピアノ教室などで、基礎からきちんと学び、毎日しっかり練習していけば、
大人になってからピアノを始めた人でも必ず上手になることができます。

でも、大人になってからいざピアノを始めようとしても何から始めたら良いかわかりません。


まずやるべきことは大人が習ってもきちんと基礎をたたき込んでくれるピアノ教室を選び、
なるべく独学ではなく指導者からきちんと正しい基礎を教わることが非常に大事なのです。

正しいピアノ教室の選び方 初心者編

楽器上達への道はそうそう簡単なのもではありません。

自分との戦いなのです。


どんなに素晴らしい先生に巡り合えて教わっていたとしても、
本人が毎日練習を重ねなければ絶対に上手になりません。

それは筋トレやダイエットと同じ、自分との戦いを毎日続けることができるかが、
楽器の上達するしないを分けてしまうものです。

毎日練習をすることが非常に大事で、このことを前提としてピアノ教室に通いましょう。


では、大人になってから選ぶピアノ教室として望ましい教室
どのような教室かをご紹介しましょう。


・個人指導レッスンのピアノ教室であること


これは大人だけではなくこれからピアノを習おうとする人みなさんにお勧めしたいことです。

人によって苦手な個所が違うはずなので、
それをうやむやにして進んでしまうと変な癖がつきピアノは上達しません。

その人それぞれ苦手な個所を見極めてもらい、その人なりのレベルにあった
練習法を指導してもらうともに、正しい基礎はきちんと身についているかなど、
一対一で先生に見てもらしましょう。


・運指練習に重点を置くピアノ教室であること


大人になってから始めるピアノ教室でよく、
「好きな曲を一曲だけ弾けるようになれるピアノ教室」などがあります。

確かにそれほど本格的にピアノを習うのではなくてなんとなく、
ただ単にピアノが少し弾ければよいと思う人にはいい教室なのかもしれませんが・・・。


基礎練習をおろそかにするようなピアノ教室にお金を払って習っていても、
ピアノがうまくなることはありません。

特に運指練習は非常に大事なのです。

プロのピア二ストでも毎日の運指練習を重視する人がほとんどです。


なので曲だけ練習するようなピアノ教室ではなく、
基礎練習に重点をおくピアノ教室をおすすめします。

初心者さんであるならなおさら基礎練習は大事です。


・生ピアノでレッスンするピアノ教室を選びましょう


大人になってからのピアノ教室でありがちなのが、先生だけ生ピアノでおしえて
生徒は電子ピアノやオルガンなどでレッスンをするというパターンです。

これは正直、生徒はピアノのレッスンに行っているのに
ピアノを弾いていないので、ピアノのレッスンにはなっていません。


ピアノには鍵盤にテンションがかかっているので
これは電子ピアノでは再現できないものです。

この鍵盤をどのような指使いで弾くかを学ぶことがピアノを学ぶということなので、
レッスンにいったら生ピアノで教わらなければ意味がないでしょう。


大人になってからでも、ピアノはどんどん上達してきます。

自分を信じて毎日の練習を頑張っていきましょう。


♪要チェック♪

   >>海野先生が教える初心者向けピアノ講座<<

『海野先生が教える初心者向けピアノ講座』

 6000名以上の方が受講している人気の『ピアノ上達マニュアル』です!