初心者のピアノ練習の始め方

初心者さんのピアノの効果的な練習の仕方にはいくつかポイントがあります。

ピアノ教室などで先生に教わっている人は、ピアノ練習始め方も先生にお任せするとして、
今回は独学でなんとかピアノが弾けるようになりたいという、初心者さんにおすすめしたい、
ピアノ練習始め方のポイントを紹介してみます。

ピアノ練習の始め方ポイントその1

~基本姿勢を身につける~

ピアノを習ったことのある人が、他人がピアノを弾いている姿をみると、
一目で気づくことがあります。


それは、ピアノを弾いてている手つきと姿勢をみて
「この人は正しいピアノの弾き方を学んだ人だ」とか、
「この人はただ弾いてるだけ。正しい姿勢で弾くことができていない。
きっと独学でピアノ練習した人なんだな。」などということが、
弾いている姿をみて一瞬で良くわかります。

そしてなにより、正しい姿勢で弾くことができていない人が奏でる音は、
メリハリのない、少しだらしないような音色になるのもよく分かります。


ピアノは鍵盤なので叩けば誰でも音を出すことができるとはいえ、
正しい姿勢、正しい手の形で弾かなければ絶対にピアノは上達しないのです。

なぜなら・・・ピアノは生音勝負。

そう、“生モノ”である以上、エレキと違って
エフェクターやらアンプやらでごまかすことのできない楽器だからです。


その人の練習した努力の1つ1つが音色に出てしまうので、
正しい姿勢で弾かないとそれなりの音色が出てしまいます。

ただピアノは、そのようにアンプやエフェクターでは表現できない弾く人の
十人十色の個性を表現できる楽しさや、生音の美しさがあるからこそ、
ピアノは魅力的な楽器なのですよね。


ピアノを実際に弾くこと以上、ピアノ練習始め方で重要なことは、
基本姿勢がとれているかどうかということなのです。

スポンサードリンク


ピアノ練習の始め方ポイントその2

~正しい指使いを身につける(運指の基礎の重要性)~

正しい指使いでドレミファソラシドを滑らかに弾けるように練習しましょう。

ピアノ練習始め方の第一ステップとして、この運指の練習は非常に大事な練習となります。


それも左右やり方が違うので、片手ずつ練習をして、
最終的には両手で正しく運指ができるように練習していきましょう。

地味で面倒な練習ですよね・・・・?

しかし、まずこれができない人がピアノを弾くなんてことは出来ないでしょう。

がんばりましょう。

ピアノ練習の始め方ポイントその3

~曲の練習をしましょう~

ものごころつく前からピアノを弾いていたという人も多いと思いますが、
今これを読んでいる人はある時「ピアノを弾いてみたい!」とときめいたのでしょう。

そのきっかけとなった曲でもいいのですが、長いスパンでもいいので
一曲とおして弾けるようにする目標曲を決めて、地道に毎日少しづつ練習していきましょう。


ピアノ練習始め方で大事なことは、難しく考えて構えすぎないということと、
ピアノに限らず楽器上達への道は、とにかく地道に練習
継続していくことしかないと覚悟することでしょう。

この心構えをぶれることなく持ち続けさえすれば、必ずピアノが上手く弾けるようになります。


頑張りましょうね。

スポンサードリンク