ピアノ練習の悩みあれこれ 解決法!

ピアノをまじめに練習すればするほど、色々と悩みも出てくることと思います。

ピアノをさぼり気味な人でも、どうしたらピアノ練習をきちんとやれるようになるのか・・・・
など、いろいろ悩んでしまう人もいるようです。


ではどうしたらピアノを楽しく練習して上達できるのだろうか、
良くある悩みの解決策をご紹介していきます。

子供がピアノの練習をしない悩み

子供にピアノを習わせているものの、一週間に一度のレッスンの前に
ほとんどピアノ練習をしないで行っていて、これが何年も続いている・・・
などとお悩みのお母さんが多くいます。

これは大変良くある悩みですよね。


幼いころからピアノを習わせていた場合、本人の意思でピアノのレッスンに通っている子供は少なく、
ピアノを弾くことが好きで習っているわけじゃないので、
練習なんて自主的にはなかなかできないですよね。

でも、それでも本人が「ピアノをやめたい」というまでは、ピアノを習わせてあげてください。


ピアノは毎日毎日練習しなければ上達しません。

上達はしませんが週に一度のピアノのレッスンにいけばその間はピアノを弾くわけですし、
たとえ週一でもピアノを弾くことを長年続けたら、ピアノ基本姿勢や
譜面を苦手意識なく読めるようになり、音感も育っていくのです。


将来的に子供が本気でピアノを弾きたくなったり、ピアノ以外の楽器を始めた時に、
幼いころのピアノの経験が非常に役立ちます。

もし今、子供がピアノ練習をしないと悩んでいても、
ピアノを習い続けることは決して無駄ではありません。

悩まないでくださいね。

ピアノの練習方法の悩み

どうしても弾きたい曲があるのに、苦手な部分があって最後まで弾けるようにならないとか、
上達する練習方法が見つからないなどという悩みは、
ピアノを習った経験のある人なら必ずぶつかる悩みでしょう。

このような悩みを解決する方法は1つ、地道に練習を続けることなのです。


いつも同じところでつまずいたり、なかなか弾きたいように弾けないと焦ったり
ピアノ練習がいやになりますが、そんな時にこそいったん落ち着いて、
まずはゆっくりなテンポから、弾けない箇所の反復練習を根気強く続けていきましょう。

なかなか練習時間が取れない悩み

ピアノを毎日練習したいのに、仕事や育児などで思うように練習時間が取れないと悩んでいる人は、
まず、一日分ピアノを弾くように心がけましょう。

どんなに忙しくてもとにかく毎日10分はピアノを弾く習慣をつけ、
一週間のうちに一日でも時間の多く取れそうな日は一時間以上、
ピアノ練習の時間をつくことができれば、ピアノは少しづつでも上達していきます。


忙しいからといって、全くピアノを弾かない日々が続いてしまうことが一番良くない事です。

中々練習時間が取れない生活をしていても、ほんの10分ピアノを弾くか弾かないかで、

ピアノの上達具合を大きく左右することでしょう。


一日10分の練習を、毎日続けるだけでも、毎日続ければ必ず上手くなります。

悩まず前に進んでいきましょう。