ピアノ初心者が知りたい上達のコツとは?

大人になってから趣味でピアノを始めてみたものの、毎日少しずつ練習しているのに
なかなか上達せず、難しい苦手箇所もなかなか克服できない・・・・。

なんてお悩みの方はいませんか?

そこで大人になってからピアノを始めた人でも必ず上達するであろう、
ピアノ上達のコツを少しだけご紹介してみます。

独学ではなく先生に習うことが上達のコツ

よく大人になってからピアノを練習し始めた人で、とりあえず独学で
ピアノを学んだりしている人がいます。

しかしながら、全くのピアノ初心者さんがいきなり独学で学んでピアノ上達するほど、
ピアノというものは単純な楽器ではないので、きっとすぐにつまづいてしまうか、
またはいつまでたっても上達しないなとという壁にぶつかってしまいます。


なぜならピアノという楽器は、まずピアノを弾く姿勢と指の形などの基礎が、

何よりも重要であるからなのです。

しかし、ピアノを弾く姿勢や指の形、手の高さなど、全くのピアノ初心者さんが
独学で学ぶには限界があります。


それにはきちんと先生に見てもらい、正しい姿勢を体で覚えていく必要があるのです。

正しい姿勢で正しい手の形でピアノを弾くことができるかどうかが、ピアノ上達のコツです。

音階練習を重んじることがピアノ上達のコツ

毎日地道に練習しているのに、なぜかいつも同じところで間違えるとか、
どうしても難しい箇所が弾けるようにならないなどと悶々している人は、
おそらくピアノの練習方法が間違っていたりします。


ピアノ練習で一番大事な練習というものがあります。

それは音階練習です。

音階練習をどこまで大事に練習していけるかどうかが、ピアノ上達のコツなのです。


音階練習というのは“ドレミファソラシド”の運指の練習なのですが、
この単純に思えるような“ドレミファソラシド”の練習こそが大重要で、
この音階をしっかり完璧にマスターできる事が、ピアノ上達のコツなのです。


単純で飽きてしまいがちなこの“ドレミファソラシド”の練習ですが、
正しい指使いで色々なテンポで弾けるようにならなくてはなりません。

まずは右手、左手と片手ずつの練習をして、指の形、正しい指使いかどうか、
手首の高さは正しいかなど確認して、片手ずつマスターできたら
今度は両手で“ドレミファソラシド”を練習してください。


この両手での“ドレミファソラシドの練習というのは特に重要なので、
ひとつずつの音がしっかりずれないで弾けるまで何度も何度も
ゆっくりのテンポからで良いので繰り返し練習しましょう。


毎日の練習に是非、この“ドレミファソラシド”の音階練習をとりいれてみてください。

これをマスターできた時、ピアノがぐんと上達していることでしょう。