ピアノを購入する時のポイント

ピアノを子供に習わせたい親や、大人になってからピアノを趣味として始めようとすると、
まずピアノ購入することを考えますよね。

ピアノを習うのならば、たとえ電子ピアノでも、ピアノを必ず購入することをオススメします。


ピアノ上達には必ず、自宅での練習が重要だからです。

とはいえピアノは高価な楽器。

大きくて重量もあるこの楽器を、気軽には購入できるものでもありませんよね。


そこで、本気でピアノ購入しようと考えている人に、
ピアノ購入ポイントをいくつか紹介します。

是非、ピアノ購入の際に役立てください。

ピアノ購入のポイントその①

~出来るだけ生ピアノを購入することを考えよう。~

いきなりグランドピアノを購入する必要はありませんが、
ピアノを学びたい人は生ピアノでの練習をおすすめします。

中古のアップライトピアノで十分なので、生ピアノで練習していく方が、
電子ピアノにはない、ピアノの命でもある、最も重要な生音の
鍵盤のタッチの感覚を身に付けることができるからです。


電子ピアノ購入するか、生ピアノ購入するかのポイントはまずここにあります。

自宅の広さ、周囲の環境など考えてもアップライトピアノを置くことが可能な状況であれば、
迷わずアップライトピアノ購入しましょう。

スポンサードリンク


ピアノ購入のポイントその②

~中古ピアノでも十分使えます~

ピアノ購入を考えた時に、悩むのが
「こんなに高い買い物をしてピアノを買っても長続きしなかったらどうしよう・・・」
などと、未来の事を考え悩んでしまいます。


確かに、幼いころに物心つかないうちからピアノを習わされていたという人は、
途中でピアノをやめてしまう人も多く、せっかく大金はたいて新品のピアノを買ったのに
今はほとんど使っていないなんて人、非常に多いです。

それでも、今はピアノを弾かなくても数年後にまた弾きたくなって
ピアノを弾くことがあれば良いのですが、大概はおうちで邪魔者扱いになっていたりします。


まあ未来のことなんて今はわかりませんので、自分や自分の子供が
これからどれくらいピアノを続けるのかなんて分かりません。

それを考えると初めて購入するピアノにあまりの大金をはたいてしまうことは
少しリスクが高いように思えます。


このような場合は、手頃な価格の中古のアップライトピアノ購入することをお勧めします。

下手な電子ピアノを購入するくらいなら同じくらいの値段で、
立派な中古のアップライトピアノ購入することができます。


ピアノという楽器は基本的に一生もので、何十年と弾きつづけることのできる楽器なので、
中古のピアノでも十分演奏することができます。

こまめにケアしていけばピアノの寿命はどんどん伸びていきます。


ピアノ購入を考えた時に、何も新品を購入することばかり考えて悩む前に、
中古のアップライトピアノ購入を考えてみることも、
ピアノ購入時の重要なポイントだと思います。

ピアノ購入のポイントその③

~生ピアノ購入後のメンテナンスが重要~

ピアノは練習を頑張ることだけではなく、生ピアノ
日頃のメンテナンスを頑張らなくてはいけないので、
面倒くさがり屋の性格の人には、生ピアノ所有は向いていません。


どのようなメンテナンスが必要かというと、

・3か月に一度のピアノ調律(専門業者に依頼し、一回10000円くらいかかります。)
・部屋の温度を15~25度、湿度は50~70%に保つ
・鍵盤や塗装面のワックスでの汚れ取り
ピアノ設置時は防音パネルの設置(近所迷惑にならないための配慮 )
・日頃使わない鍵盤も、時々音を出して鍵盤などの木材を傷めないようにする。


ざっと挙げただけでもこのような細かい注意点があります。

これは購入前にはなかなか考えにくい事なのですが、
ピアノ購入する前に是非頭に入れておきたい大切なポイントなのです。


ピアノは木材で出来ているため、生き物であると考えてください。

生きている以上細かいメンテナンスが必要なのです。

これを面倒くさいと思ってしまった人は、いきなり生ピアノ購入することを一度見合わせて、
まずは電子ピアノ購入してから様子を見るという方が良いかもしれません。

スポンサードリンク